雲の上はいつも晴れの意味は?ことわざ?誰の言葉?

雲の上はいつも晴れ。私は、よくこの言葉を思い浮かべます。雲の上はいつも晴れの意味は?ことわざ?それとも誰かの言葉なのか?気になる人もいるでしょう。雲の上はいつも晴れに込められた意味についてサクッとまとめてみました。

雲の上はいつも晴れは?ことわざ?

雲の上はいつも晴れ。この言葉は、ことわざです。ことわざとは何か?簡単に解説すると、古くから日本で伝えられてきた、教訓や知識、戒めなどを短い言葉で伝えています。誰かの思っていた経験がことわざなのならば、雲の上はいつも晴れは、元を辿ると、誰かの言葉だったのだろうと思います。

merolian
雲の上はいつも晴れ。以外にどんなことわざがあるの?
tororo
急がば回れ、以心伝心、今日考えて明日語れ。単刀直入。など、ことわざは日常会話でも、知らず知らずのうちに使われているよ。

雲の上はいつも晴れの意味とは?

天気が、晴天でいつも青空とは限りませんよね。曇り、雨、雪、雷の日も。冷たくて硬い雹が空から落ちてくることも。けれど、どんな天気でもそれを起こしているのは、雲。

雲の上にも空は続き、分厚く黒い雲の上にも空があります。雲の上はいつも晴れということわざには、今がうまくいってなくても、きっと乗り越えられる。雲の上に青空があるように、この状況を乗り越えた後には、明るい未来が待っているから大丈夫だよ、という意味が込められているように感じます。

雲の上にはいつも晴れの意味をあえて断定しないのは、言葉だからです。言葉の感じ方は人それぞれ。文字を見て、どう感じるかは、人によっても、状況によっても異なると思います。

どんな時でも、大丈夫、きっとこの雲の上には青空とお日様が待っていると思う時もあれば、どうしてこんなにうまくいかないんだろうと、絶望をして空を見上げることもあると思うのです。どん底で空を見上げて、空ってこんなに広いのに、どうして自分はこんなに悩んでるんだろう、考えているのが馬鹿らしいと吹っ切れることもあると思います。

雲の上はいつも晴れ。その意味や感じ方は、その時々で変化するものだと考えいます。ただ一つ感じるのは、今は大変でもきっと大丈夫。そう抱きしめてくれるような、背中を押してくれるようなことわざだと感じています。

関連記事

なぜでしょう、春が近くなると切なくなるのは。 新年が過ぎ、身の振り方、生き方を考え転職や再出発を考え実行する人も多く、桜の季節は別れも多いように感じます。今日は、ちょっと気になる言葉の、良い花は後からについて書こうと思います。 思い[…]

雲の上はいつも晴れ。誰の言葉?

雲の上はいつも晴れ。は、ことわざなので、誰かの言葉ではありません。雲の上はいつも晴れととてもよく似た言葉で、There is always light behind the clouds.「雲の上はいつも青空」という若草物語が代表作のルイーザ・メイ・オルコット(Louisa May Alcott)の言葉があります。

雲の上はいつも青空。止まない雨はありません。一度ではなく何度も見聞きし、このルイーザ・メイ・オルコット言葉に心が励まされた人も多いのではないでしょうか。雲の上はいつも晴れと同様に、困難な状況も雲と同じで必ず切れ間があり、その上には光に満ちた青空が広がっている。そう受け取ることができるでしょう。

merolian
ルイーザ・メイ・オルコット(1832年11月29日~1888年3月6日)アメリカの小説家。自身の少女時代をテーマにした若草物語でよく知られているよ。
tororo

I’m not afraid of storms, for I’m learning how to sail my ship.               「わたしは嵐を恐れない。航海の仕方を学んでいるから。」など多くの名言も残しているよ。

雲の上はいつも晴れを思い浮かべた心情

自分が描いていた未来が結構ハードルが高い時ってありませんか。思うほど、物事がうまくいかない。自分の努力が足りないのなら、努力をすればいい。100回チャレンジしてうまくいかないのなら、1,000回やってみればいい。

努力をしなければ、頑張らないと、話にならない。もはやこれは、根性論ですね。しかし、努力・根性・忍耐だけでは、解決できないことも知りました。どう頑張っても何をしても、どうにもならない八方塞がり。

何をしても無駄。無駄ではないけれど思考回路はショートして機能していないですし、やればやるほど、もがけばもがくほど悪循環に陥ってしまうという経験ありませんか。

できる限りの手を尽くした時って、目の前が真っ暗でも、ふと空を見上げると、あー空はきれいだな。とか、自分は、何をやっているんだろうと、虚無感に似た、何とも言い表せない気持ちになったりしますよね。

あぁ空はこんなに青いのに。何やってるんだ自分は・・・と。
物事がうまくいかないとき、壁にぶち当たってボロボロになったとき、見上げた空が青ければ青いほど虚しくなる日も。

お天気が悪くどんよりした空だと、晴天の日と違ったどんよりマインドに。それでも、雲の上はいつも晴れ。そう思うと、明日は、明後日は、きっと今日よりマシになる、きっとまた大丈夫って思えたのです。

関連記事

  悩みはありますか?困っていることはありますか? たまにそんな質問をされます。答えた場合、頷いて聞いてくれたり、大変だったねって労ってくれたり。話したところで解決はしなくても心が、一瞬軽くなることありますよね[…]

関連記事

新年の始まりに抱負を立てる人も多いでしょう。ダイエットに励む、貯金をする、キャリアアップを目指す、素敵なパートナーに出会えますように!など。どんな風に新しい一年を過ごそうか、考えますよね。 私は、笑顔が溢れて健やかに!です。新年に限っ[…]

あなたは空を見上げて何を思いますか?

気持ち次第で、目に映る世界って変わりますよね。あなたは、空を見上げて何を思いますか?見上げた空が厚い雲に覆われていても、その雲の上はいつも晴れです。

疲れてしまった時、うまく物事が進まず辛い思いをしている時、雲の上はいつも晴れということわざを思い出していただけると嬉しいです。

関連記事

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられるという言葉について、お伝えしようと思います。前向きなことわざ、格言など多くあり、その時その時で、周囲からかけてもらう言葉や、自分に言い聞かせる言葉ってありませんか? 私はこの16年間、[…]

関連記事

クリスマスイヴにディズニーに行ったお土産をいただいた際に、気になることを聞きました。ディズニーのキャストは、Happy Holidays(ハッピーホリデーズ)と声をかけているのに、グッズや装飾にはChristmas(クリスマス)となっている[…]

関連記事

収入の格差、学力の格差、就活のフィルタリング・・・。職業選択の自由は憲法で認められていますが、根底にあるのは、資力と時間です。学べる環境・経済力を持つものだけが学べるというのが、今の日本。 男女平等、ジェンダーレスという言葉もあり、多様性[…]

関連記事

国や両親・育つ環境を選んで生まれてくることはできません。スタートに差があるのは事実ですが、自分の置かれている環境って、子どもを除いては、自分自身が作っています。 自分は変われないと思っている人に伝えたい。人は変われる。自分は変われない[…]